新宝测速6

  • ホームHome
  • 留学?国際交流
  • 第7回ピース?レクチャー?マラソンを開催、ASEAN事務局カオ?キム?ホン事務総長に「特別招聘教授」の称号を授与しました

新宝测速6:第7回ピース?レクチャー?マラソンを開催、ASEAN事務局カオ?キム?ホン事務総長に「特別招聘教授」の称号を授与しました

2024年5月21日、ASEAN事務局カオ?キム?ホン事務総長をお招きし、東広島キャンパスのフェニックス国際センター (ミライ クリエ)で第7回ピース?レクチャー?マラソンを開催しました。

カオ事務総長は、ASEANにおけるカンボジアの国際関係の強化、政策提言の推進、研究?教育?開発の促進に尽力されている国際政治の専門家です。今回は、「ASEAN’s Strategic Role in Maintaining Peace and Advancing Prosperity in the Region」 (地域の平和を維持し、繁栄を促進するためのASEANの戦略的役割)と題し、「平和」に加え、もう一つの主要テーマ「繁栄」に焦点を当て講演。会場につめかけた本学の教職員、学生など約75人、加えてオンライン参加の約30人が熱心に耳を傾けました。
その後の質疑応答では、核兵器の廃絶、ASEAN全体および構成国各国による平和の確保、グリーン経済の育成などに関する多くの質問が学生から寄せられました。本講演を通じてカオ事務総長は、日本を含むパートナー諸国との対話の維持と、外交的手段による紛争解決の重要性を強調。越智学長からは、カオ事務総長に「特別招聘教授」の称号が贈られました。

講演に先立ち、カオ事務総長は越智学長に表敬訪問、講演後には、広島大学放射光科学研究所の視察などを含むキャンパスツアーが行われました。

カオ事務総長の特別招聘教授の任期は3年間。本学の平和教育の質向上のため、今後、毎年本学でのご講演をお願いしています。このたびの訪問と講演を機に、ASEAN諸国の優秀な学生?研究者との交流がより一層進展することが期待されます。

講演の様子

カオ事務総長に「特別招聘教授」の称号を授与

熱心に聞き入る学生たち

質疑応答の様子

本学留学生がカオ事務総長を囲み記念撮影

会談の様子

放射光科学研究所視察の様子

「広島大学」の石碑の前にて記念撮影

【お問い合わせ先】

広島大学グローバル化戦略グループ

Email: kokusai-group*office.hiroshima-u.ac.jp
(*は半角@に置き換えた上、送信してください)


up

新宝测速6【股份】有限公司