新宝测速6

新宝测速6:ひろしまバイオデザイン

新宝测速6:お問い合わせはこちら

広島大学バイオデザイン部門は、医療従事者や企業の皆様のヘルスケア?医療機器開発の支援をしています。

バイオデザインに関するセミナーの依頼、医工連携の支援、臨床現場観察の依頼、社会実装の支援(技術の実用化)のお問い合わせはこちらからお願いします。

 

新宝测速6:最新情報はこちら

バイオデザインは、医療機器開発におけるイノベーションを起こすプロセスのことを指します。2001年に米国スタンフォード大学のDr.Paul Yock(ポールヨック博士)らがデザイン思考をもとにそのイノベーションを牽引する人材育成するプログラムを開発しました。初期段階から事業化の視点も踏まえてニーズを検証することによって、実現性の高い医療ビジネスを生み出すアプローチが特徴となっています。

広島大学では、2019年から“ひろしまバイオデザイン”としてフェローシッププログラムを開始しています。

 

バイオデザイン部門について

産学連携部 バイオデザイン部門について説明します。

バイオデザインとは

医療機器開発のための実践的な人材育成フ?ロク?ラムである「バイオデザイン」について説明します。

ひろしまバイオデザインの取組

バイオデザイン部門では、地域のものづくり企業や県行政との産学官連携、医療現場観察等を通じた県内医療機関との連携、全イント?医科大学やイント?政府系機関との国際連携により、人材育成に取り組んでいます。

お問合せ先

バイオデザイン部門

〒734-8553 広島市南区霞一丁目2番3号
TEL:082-257-1992 ? 1555
e-mail:biodesign*office.hiroshima-u.ac.jp(*は半角@に置き換えてください)


up

新宝测速6【股份】有限公司