新宝测速6

新宝测速6:キャンパスぶらり散歩

東広島キャンパスは、約250haという広大な面積を有し、キャンパス単体では国立大学で有数の敷地面積を誇るエコキャンパスです。2012年からスタートした生物相調査では、62種(2020年現在)の絶滅危惧動植物の生息を確認。国立大学のキャンパスでは全国1位の数です。キャンパス内には、2020年現在で約127種5,545本の樹木が植栽されています。これらの多種多様な樹木は、季節の移り変わりに伴って様々な花を咲かせ、実をつけ紅葉し、日本固有の自然や季節、文化を知るうえで本学の教職員、学生、留学生にとって大切な教育的資源となっているほか、地域の皆様にも親しまれています。

キャンパスに咲く花や木の実

キャンパスで見られる植物の花や実の情報です

キャンパスの桜

キャンパス内約70品種のサクラの情報です

東広島キャンパスの桜

キャンパスの生き物

キャンパスの昆虫、カエル、鳥などを紹介します。

東広島キャンパスの生き物

広島大学の象徴となる樹木

フェニックス?メタセコイアと広島大学について

広島大学の象徴となる樹木

パシャリ。広大

広島大学広報誌 「HU-plus」裏表紙で毎号紹介する話題のスポットや風景をご紹介

  • 気球から見る広大、Vol.8(2018年12月発行)
  • ふれあいビオトープ、Vol.7 (2018年8月発行)
  • 広大、桜めぐり、Vol.6 (2018年4月発行)
  • 東千田キャンパス、Vol.5  (2018年1月発行)
  • 大新宝测速6理学研究科附属宮島自然植物実験所、Vol.4 (2017年8月発行)
  • 大学病院屋上庭園、Vol.3 (2017年04月発行)
  • ぶどう池、Vol.2 (2017年01月発行)
  • 工学部門柱、Vol.1 (2016年11月発行)

平和大使 ~森戸初代学長の植樹~

森戸初代学長によって植樹された木々


up

新宝测速6【股份】有限公司